ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、二季報
WEBへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
  
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

レポート > セクター
2022-02-28 中国/セクター/通信 印刷   Nikihou_Webをフォローしましょう
通信セクター:外部要因を受けにくいキャリア銘柄に注目、高配当も魅力
 ロシアのウクライナ侵攻で地政学リスクが大きく高まる中、業績見通しが明確で、かつ外部要因の影響を受けにくい中国本土の通信キャリア銘柄が焦点の一つとなっている。5Gサービスの一段の進展やクラウドコンピューティングなどの新興ビジネスの発展により、通信セクターは向こう数年間にわたって安定成長を維持する見込み。神経質な相場展開が続く香港市場では、3大通信キャリア、チャイナ・モバイル(00941/600941)、チャイナ・テレコム(00728/601728)、チャイナ・ユニコム(00762)の短期的なアウトパフォームを見込む声が強い。そろって7%を超える予想配当利回りも3大キャリアの魅力。『香港経済日報』はうち、チャイナ・モバイルとチャイナ・テレコムを優先的な投資選択肢としている。

 まず工業情報化部のデータを見ると、中国の通信業界は21年に着実な成長を遂げ、全体の通信業務収入は前年比8%増の1兆4700億元。過去5年間で最も速い伸びだった。5G業務の発展を背景に、従来型ビジネスであるデータおよびインターネット業務の増収ペースが加速し、固定通信業務収入が同9.3%増の2601億元、モバイル業務収入は同3.3%増の6409億元。ほかに、クラウドやビッグデータといった新興ビジネスの収入が、21年には前年比27.8%増の225億元を記録した。業界全体の総収入に占める比率はこれで15.2%となり、前年から2.4ポイント上向いた。



◆新興ビジネスの成長や「東数西算」プロジェクトが追い風

 政策面を見ると、工業情報化部はすでに「第14次5カ年計画」(2021−25年)における通信業の発展計画を発表済みだ。それによれば、2020−25年の増収目標は年率平均10%。5Gユーザーの割合を15%から56%に引き上げ、総数を9億人超とする。インフラに関しては、1万人当たりの5G基地局数を5局から29局に引き上げる。こうした目標の下、業界全体が向こう数年にわたり、高質な発展を遂げる可能性が高まった。

 中信証券は「通信セクターは今5カ年に、質の高い発展段階に入る」と予想。携帯料金の引き下げと高速化を通じた競争が一段落し、ARPU(加入者1人当たり月額収入)が適正水準に上向くとみている。また、クラウドやIoTといった新興ビジネスが新たな成長エンジンになり、企業価値の再評価を後押しするとの見方だ。うちARPUに関しては実際、18年以降続いていたチャイナ・モバイルのARPUの下降局面が2021年上期には変わり、前年同期比3.8%増の52.2元に達した経緯があった。

 政策面ではこのほか、新インフラプロジェクト「東数西算」の注目度が高い。これは西部にデータセンターを配置し、東部で発生するデータ処理需要を賄うもので、東西双方の共同発展を促すとともに、クラウドやAI、ビッグデータなどの技術レベルの向上やデジタル経済の発展を目指す国家戦略。国家コンピューティング・ハブ・ノードの構築を目指し、データセンター・クラスタ(複数機を1台にまとめたシステム)10カ所を設置するとの目標の下、数日前には8地区で関連工事が正式に着工した。JPモルガンは、「この政策により、通信キャリアが最も大きな恩恵を受ける」とみる。IDC(インターネットデータセンター)市場で60%強、パブリッククラウド市場とIaaS(Infrastructure as a Service)市場の約20%を通信キャリアが握ることがその理由という。



◆チャイナ・テレコム、23年に配当性向70%強へ

 一方、中国の通信キャリアは多額の手元現金を保有し、配当は安定的。配当利回りは高く、いずれも7%を上回る。うちチャイナ・モバイルは23年までに、配当性向を段階的に80%以上に引き上げる可能性があり(19年、20年実績は56%、52%)、ブルームバーグのコンセンサス予想では、2021−23年の予想配当利回りは7.3%、7.8%、8.5%。また、チャイナ・テレコムは23年までに配当性向を70%強に引き上げる方針を発表済み。22年には初めて中間配当を実施する予定であり、2021−23年の予想配当利回りは7.0%、8.1%、9.5%となっている。3社のうち残るチャイナ・ユニコムは「手元現金が相対的に少なく、配当引き上げ余地が比較的小さい」(UBS)という。

 3社の加入者基盤を比べると、やはりチャイナ・モバイルが圧倒的に大きく、携帯通信全体で9億件強(1月末現在)。うち5Gプランの加入者は4億件強で、この数字はチャイナ・テレコムが約2億件、チャイナ・モバイルが1億6000万件となる。

 証券各社の直近リポートを見ると、UBSのトップピック銘柄はチャイナ・テレコム。同社H株の目標株価を4.0HKドルから4.4HKドルに引き上げ、投資判断を「買い」とした。チャイナ・モバイルの目標株価も60HKドルから75HKドルに引き上げ、「買い」を推奨。ユニコムに関しては目標株価4.4HKドルで、「中立」判断を据え置いている。

※過去6カ月の記事タイトルがご覧いただけます。
1〜52件を表示します(合計52件) 次のページへ 1 次のページへ
掲載日▲
▼
記事タイトル
22/06/24 中国 サービス 中国バー市場:中長期的に成長潜在力、飲食他業種から参入相次ぐ
22/06/22 中国 不動産 不動産セクター:大都市部で市況の“転換点”到来か、地方当局が購入支援..
22/06/21 中国 食品・飲料 ビールセクター:シーズン到来で回復期待強まる、ハイエンド市場拡大
22/06/17 中国 電子・IT クラウド: 市場規模は1−3月に21%増、企業・政府機関の導入加速で高成..
22/06/15 中国 電子・IT ECセクター:政府の消費刺激策が追い風、ネットセール「618」も牽引
22/06/14 中国 電子・IT ゲームセクター:2カ月ぶり認可で正常化に期待、新制度導入も
22/06/13 中国 小売業 自動車ディーラー:車両取得税の税率半減が追い風、「上海効果」で永達..
22/06/09 香港 サービス カジノセクター:本土のコロナ抑制と「カジノ法」草案の実質減税が追い風
22/06/06 中国 繊維・アパレル スポーツ用品セクター:封鎖解除と消費刺激策が追い風、ECイベント「618..
22/06/02 中国 その他 消費セクター:コロナ感染抑制で各地一斉に刺激策、幅広い銘柄に恩恵
22/05/31 中国 不動産 不動産セクター:総合力ランキングトップは万科企業、全体では収益力が低下
22/05/27 中国 石油・石炭 石油セクター:原油相場が再び上昇、夏の到来や中国経済の再開で一段高も
22/05/25 中国 電子・IT ネットセクター:締め付け終了で政策リスク後退も個別に不透明感、当面..
22/05/24 中国 食品・飲料 豚肉セクター:豚肉価格が反転上昇の兆し、先行きに見方分かれる
22/05/20 中国 自動車・二輪 自動車セクター:4月の新車販売激減も最悪期脱却、「汽車下郷」が近く始..
22/05/19 中国 不動産 不動産セクター:一段の緩和方針も購入意欲低調、コロナ抑制と一段の支..
22/05/16 中国 通信 通信セクター:1−3月の業務収入は9%増、クラウドなど新興ビジネスの成..
22/05/11 中国 化学 肥料セクター:各国の食糧自給率引き上げが追い風、価格は過去最高水準に
22/05/09 中国 通信用機器 1−3月のスマホ出荷:物流寸断などで中国勢が苦戦、国内出荷は14%減少
22/05/06 中国 家電 家電セクター:消費支援策が追い風、ハイエンド化の流れで大手優位に
22/04/27 中国 インフラ 有料道路セクター:高配当と業績安定感が魅力、深セン高速と越秀交通が焦点
22/04/22 中国 不動産 不動産セクター:市況安定化で景気下支えへ、一段の緩和期待も慎重論く..
22/04/20 中国 運輸・倉庫 物流セクター:コールドチェーン物流の新たな発展支援策、インフラ整備..
22/04/15 中国 建材 セメントセクター:インフラ建設加速と不動産引き締め緩和が追い風、大..
22/04/13 中国 電子・IT ゲームセクター:9カ月ぶりの認可再開が追い風、「監督強化」政策の転換..
22/04/08 中国 金融 銀行セクター:金融緩和で22年も業績堅調持続へ、低バリュエーションも魅力
22/03/30 中国 サービス 外食セクター:大都市「封鎖」の打撃も中期的に回復期待、九毛九国際に..
22/03/28 香港 不動産 香港不動産賃貸セクター:コロナ第5波越えで最悪期脱却、下期以降に業績..
22/03/25 中国 繊維・アパレル スポーツ用品セクター:“国潮”を追い風に国内勢好調、22年に安踏が「ナ..
22/03/22 中国 空運 航空セクター:コロナ感染拡大で再び苦境、原油高の挟撃で22年も赤字継続か
22/03/18 中国 建材 太陽光ガラス:価格底入れで楽観見通し再び、今5カ年の需要好調を予想
22/03/15 香港 金融 銀行セクター:香港地場銀に熱視線、金利上昇で業績拡大の見通し
22/03/10 中国 自動車・二輪 自動車セクター:EV需要堅調もコスト高懸念、ウクライナ情勢の影響避け..
22/03/09 中国 不動産 不動産セクター:相次ぐ引き締め緩和で投資テーマに、国有デベロッパー..
22/02/28 中国 通信 通信セクター:外部要因を受けにくいキャリア銘柄に注目、高配当も魅力
22/02/18 中国 非鉄金属 アルミ:過去最高値更新が目前、需給ひっ迫で世界在庫の年内「枯渇」懸念も
22/02/08 中国 不動産 不動産セクター:1月販売は軒並み低迷で業界再編の動き加速も
22/02/02 中国 通信用機器 21年のスマホ出荷:下期に苦戦も通年で5年ぶりプラス成長、22年は3%増か
22/02/01 中国 金融 本土銀行セクター:資金流入目立つ、ディフェンシブ性と高配当が魅力
22/01/31 中国 ホテル・観光 ネット旅行セクター:コロナの散発的感染も旅行需要は旺盛、省内・農村..
22/01/27 香港 石油・石炭 石油セクター:供給不足にウクライナ情勢が追い打ち、一気に150米ドル到..
22/01/26 中国 建設・プラント インフラセクター:景気下支えへ建設投資を強化、中国鉄建などゼネコン..
22/01/25 中国 食品・飲料 豚肉セクター:22年 4−6月期に業況反転の可能性、期待先行で物色も
22/01/24 中国 自動車・二輪 自動車セクター:新エネ車の牽引で新車販売が3年ぶりプラス、22年は「5..
22/01/20 香港 サービス カジノセクター:カジノ法改正案を市場は「歓迎」、監督強化懸念をほぼ払拭
22/01/12 中国 建材 セメントセクター:景気対策のインフラ投資拡大が追い風、不動産引き締..
22/01/07 香港 サービス カジノセクター:事業免許入札やカジノ法の改正、22年は政策動向が焦点に
21/12/30 中国 電子・IT ネットセクター:ハンセンテック指数は2月高値から50%下落、年明けに一..
21/12/28 中国 食品・飲料 白酒セクター:21年の株価軟調も足元で回復傾向、堅調な業績に値上げ期待
21/12/27 中国 電力・ガス 風力発電セクター:コスト競争力の向上で一段の発展期待、洋上設備の開..
21/10/25 中国 不動産 不動産税:一部地域で試験導入を決定、住宅市況下支えへまずは“穏健”策か
21/10/21 中国 サービス 外食セクター:人気の「火鍋」が依然有望、最大手の海底撈国際が出店攻勢
1〜52件を表示します(合計52件) 次のページへ 1 次のページへ
株価&企業 ニュース
インフォメーション
6/13 上海・深センA株23銘柄を新規追加しました
6/2 『中国株二季報 2022年夏秋号』の予約開始!
6/2 業績予想データ更新のお知らせ
6/1 6月の招福銘柄を更新しました
5/10 業績予想データ更新のお知らせ
一覧
人気コンテンツ
スクリーニング スクリーニング
スクリーニング 企業検索
ポートフォリオ マイストック
簡単サーチ 業種・テーマ・地域検索
ランキング 配当利回り
取引関連情報
休場情報 決算速報
取引停止銘柄 決算スケジュール
配当スケジュール 中国株Q&A
カレンダー
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
20226
本日の予定を表示
(2022-06-26)
人気コンテンツ
twitter
Trader's Web Fx
コンテンツ
ニュース
レポート