ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、二季報
WEBへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
  
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

レポート > トピック
2017-12-21 中国/トピック/その他 印刷   Nikihou_Webをフォローしましょう
中央経済工作会議:“質重視”の経済政策を確認、「金融リスク防止」が重点任務に
 翌年の経済政策基調を策定する中央経済工作会議が20日、3日間の日程を終えて閉幕したが、この場では大方の予想通り、基本路線として「穏中求進」(安定を保ちつつ前進を求める)を継続する方針が確定した。また、10月の第19回党大会で習近平国家主席が示した通り、従来のような“量的拡大”ではなく“質重視”の経済発展を目指すことを確認。さらに18年も積極財政政策と中立的な金融政策を継続する方針を決めた。重要政策任務に据えられたのは、“3大攻略戦”こと「リスク防止」「貧困脱却」「環境汚染防止」。このほか、貿易面での全面開放や賃貸制度の整備を含む住宅改革など、“8つの重点任務”が策定されている。

 18年は中国にとって改革開放40周年に当たり、5年に1度の党大会で習近平国家主席が示した思想・精神に基づく政策運営が開局を迎える年。また、全面的な小康社会(そこそこゆとりある社会)の建設や「第13次5カ年計画」(16−20年)の実行に向けてカギとなる1年でもあり、会議の場では、改革開放や経済の質的強化、イノベーション化戦略を本格化させる必要があるとの認識を共有したという。



◆金融リスク防止も企業の債務解消策は「後退」か

 党・政府指導部はこの会議において、“3大攻略戦”の筆頭に「リスク防止」を据えたが、その主眼は金融システミックリスクの防止。金融と実体経済、金融と不動産、さらに金融システム内において好循環の確保することでリスクを抑制するとともに、違法活動の取り締まりを強化、さらに監督管理制度の最適化を進めるとした。こうした政策方針を見る限り、18年も前年に続き、金融面での監督強化が続く見通しだ。平安証券はリスク防止が重点政策となった以上、金融緩和にはもはや期待しにくいとの見方。中国国際金融も「金融政策は中立的とされたが、実際にはやや引き締め気味の中立路線になる」との見通しを明らかにしている。

 ただ、『ウォールストリートジャーナル』などの報道によると、金融リスク防止が最重点任務となる半面、企業を対象としたレバレッジ(過剰債務)解消策は逆に弱体化したもようだ。指導部は1年前の同会議で「企業の負債低減」を最重点に据えたが、今回の会議ではこの部分が立ち消え、供給側改革を表す、いわゆる「三去一降一補」(過剰設備の解消、不動産在庫の解消、レバレッジ解消、企業コスト引き下げ、脆弱分野の補強)の一部としてのみ、レバレッジ解消策が残されたという。その背景にあるとみられるのは、債務削減が経済成長の重石になるとの警戒感。米国の保護貿易主義政策や国内不動産市場といった不確実要因がくすぶる中、政府指導部はやや慎重姿勢に転じたとされている。



◆住宅賃貸市場の発展に期待、不動産税導入の可能性も

 一方、一連の政策方針の中で、注目度の高い項目の一つが不動産政策。この1年間の不動産引き締めを受け、住宅市場の過熱感が和らぐ中、不動産市場の健全化に向けた住宅制度改革や長期メカニズムの構築を加速させるとの方針を決定した。

 この中で特に明確に指針が示されたのは、新たな制度の構築による住宅賃貸市場の発展支援。今後は賃貸市場の成長期待が不動産セクターの支援材料となる見通しだ。デベロッパー各社はすでにこの分野への参入に向けて動き出しており、特に資金力に優れた大手にとって新たな成長けん引役になるとの期待が大きい。ただ、不動産政策に関しては、もう一つ、不動産税導入の可能性も注目ポイント。最近では財政部の肖捷部長が段階的な不動産税の導入方針に言及しており、関連政策動向も今後の焦点となりそうだ。

◆18年のGDP成長目標、17年と同じ「前年比6.5%前後」か

 このほか、中央経済工作会議の場で決定したとみられる18年のGDP目標は、同年3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で明らかにされる見通しだが、17年の「前年比6.5%前後」と同水準になるとの見方が優勢だ。政府系シンクタンクの中国社会科学院は20日発表した報告書の中で、18年のGDP目標が前年並みの「前年比6.5%前後」に設定されると予想。同時に、18年のGDP成長率が前年比6.7%に達するとの強気見通しを示した(17年予想は6.8%)。

 中国社会科学院はまた、18年のCPI(消費者物価指数)、PPI(生産者物価指数)上昇率をそれぞれ前年比2%、3.6%と予想。固定資産投資が前年比6.3%増に減速する半面、小売売上高は同10.1%増を確保するとの見通しを示している。さらに、消費アップグレードや環境保護の強化、新興産業の躍進などが焦点になるとみて、国内A株市場の緩やかな上昇基調を予想。上海総合指数は3200−3700ポイントのレンジで推移するとの予測を明らかにしている。

※過去6カ月の記事タイトルがご覧いただけます。
1〜60件を表示します(合計91件) 次のページへ 1 2 次のページへ
掲載日▲
▼
記事タイトル
18/04/26 中国 住宅市場:新築販売に「抽選」義務付ける都市が増加、売り惜しみ防止
18/04/24 中国 中国自動車政策:「対外開放」だけでなく「走出去」にも注目
18/04/23 香港 H株企業:株式「全流通」計画が始動へ、聯想控股が最初の試行企業に
18/04/19 中国 米中摩擦:米国による中国IT製品“締め出し”が鮮明、まずは中興通訊が標的に
18/04/18 中国 1−3月のGDP:3期連続の「6.8%」、堅調持続も最新指標に減速感
18/04/17 中国 本土市場:相場に影響を与える中国指導者の地方視察に注目
18/04/16 中国 3月の経済指標:貿易収支は13カ月ぶり赤字、金融統計下押しで景気減速懸念
18/04/11 中国 習近平主席:「対外開放強化」「輸入拡大」方針を発表、米中摩擦は“最悪期”脱出へ
18/04/10 中国 中国経済政策:新体制下で始まった党・政府機関の経済会議に注目
18/04/04 中国 米ハイテク売り:政策リスクで当面持続か、香港有力銘柄への強気見通しは変わらず
18/04/03 香港 4−6月期の投資戦略:基調はディフェンシブ重視、米中の貿易紛争で視界不良
18/04/02 中国 本土証取:創新企業の上場誘致へ新規定、“ニューエコノミー化”の新時代到来
18/04/02 香港 4月の招福銘柄:米中貿易戦争への警戒感で売られた銘柄に買い戻し期待
18/03/28 中国 2年半ぶり元高:上海原油先物の登場や米中摩擦が影響か、短期的に一段高も
18/03/26 中国 米中貿易戦争:着地点見通せず激化を懸念、ハイテク銘柄に調整リスク
18/03/20 香港 バイオ企業誘致:香港証取が規制緩和、赤字でも上場可能に
18/03/16 中国 本土証取がCDR導入:4大ネット企業“BATJ”がA株回帰へ、香港には痛手か
18/03/15 中国 2月の経済指標:投資・鉱工業生産がポジティブサプライズ、減速懸念を払拭
18/03/14 中国 国務院「機構改革」:銀行・保険の両監督委員会が統合、リスク管理強化に本腰
18/03/13 中国 ユニコーン・ブーム:評価額10億米ドル超企業の誘致に期待、小米IPO観測が浮上
18/03/12 中国 2月の金融統計:M2や流動性指標が全般に堅調、中銀総裁「資金依存から脱却」
18/03/09 中国 米中貿易戦:1−2月も対米黒字拡大、輸入制限に加え「1000億ドルの黒字削減」要求
18/03/07 中国 18年の経済政策:財政赤字目標引き下げも“選択的”投資を継続へ
18/03/06 中国 全人代の政府活動報告:18年は民生分野に重点 「郷村振興戦略」盛り込む
18/03/05 中国 貿易戦争:米の宣戦布告で警戒感、米利上げ加速見通しも相場の波乱要因に
18/03/01 中国 2月の指標:PMI下押しと連休消費の減速が鮮明、旧暦戌年の出足に不透明感
18/03/01 香港 3月の招福銘柄:旧正月明けの建設需要拡大に期待、米長期金利上昇にも着目
18/02/27 中国 ニューエコノミー:「IT先進国」への躍進をリード、未来の中国経済創る
18/02/26 中国 両会が3日開幕:成長減速を容認、リスク防止と「改革」推進へ
18/02/22 中国 旧正月消費:映画興収が記録的伸び、娯楽・文化消費の拡大が鮮明に
18/02/20 中国 中国のeスポーツ:「成熟期」から「爆発期」に、産業の裾野広がる
18/02/19 中国 世界スマホ市場:17年に伸び悩みも上位陣に変化なし、中国勢がシェア伸ばす
18/02/16 香港 旧暦酉年:ハンセン指数は33%上昇、続く戌年も楽観見通し優勢
18/02/15 香港 決算発表シーズン幕開け:ハンセン銘柄の好業績に期待、まずは香港系銀行が焦点
18/02/14 中国 1月の金融統計:オフバランス解消の加速傾向が鮮明、新規融資は過去最大を記録
18/02/13 中国 中国のウインタースポーツ:北京冬季五輪を契機に巨大市場へ成長も
18/02/09 中国 1月の貿易統計:出足好調も先行き不透明感、為替相場の潮目も変化か
18/02/08 中国 金融監督強化:人民銀の最優先任務も「リスク防止」、A株調整圧力が続く
18/02/07 香港 新生「H株指数」:テンセントやモバイルを採用、“スター指数”への躍進に期待
18/02/06 中国 中国スマホ市場:減速が鮮明、次の起爆剤「5G」商用に期待
18/02/05 香港 香港株式市場:米株急落で短期調整リスク、中長期では楽観見通し優勢
18/02/01 中国 1月のPMI:元高で輸出指数が急落、米中貿易摩擦が今後の懸念材料に
18/02/01 香港 2月の招福銘柄:旧正月銘柄や五輪銘柄に注目、下げた銘柄は押し目買い狙い
18/01/31 中国 中国金融当局:一斉に監督強化・引き締めを実施、短期的なA株調整圧力に
18/01/30 中国 中国自動車市場: リコールの多い吉利汽車とクレームの多い長城汽車
18/01/29 香港 H株指数「改革」:レッド・Pチップ採用銘柄を発表へ、テンセントなどが大本命
18/01/25 中国 地方政府の18年GDP目標:“質”重視や水増し行為の取り締まりで控えめの設定に
18/01/23 中国 「一帯一路」:「空のシルクロード」への注目高まる、18年は宇宙事業が始動
18/01/19 中国 中国の17年GDP:予想外の輸出好調で6.9%を達成、7年ぶりに前年比加速
18/01/16 中国 本土市場:相場に影響を与える中国指導者の定例会議に注目
18/01/15 香港 香港IPO市場:陸金所が早ければ3月に登場、小米科技も18年中にデビューへ
18/01/12 香港 GDP成長率:李首相「17年は6.9%前後」、18年は6.7%予想が優勢
18/01/11 香港 香港株式市場:12連騰の新記録樹立、短期調整も中期見通しを楽観
18/01/09 中国 本土市場:政府系シンクタンクの18年展望、緩やかな上昇の中で「売大買小」を予想
18/01/04 香港 17年の香港相場:ハンセン指数は36%上昇、吉利汽車が265%高で値上がり首位に
18/01/04 香港 1月の招福銘柄:業績期待の強い銘柄などに着目、下げた銘柄には押し目買い期待
17/12/29 香港 18年の推奨銘柄:中国平安保険やテンセントが17年の勢いを持続か
17/12/28 香港 18年の相場見通し:楽観見通し優勢も「先高後低」推移か、下期にやや不透明感
17/12/27 中国 18年の経済政策:「リスク防止」へ引き締め気味、積極財政策も領域限定か
17/12/25 香港 スマホ部品:有力レンズ銘柄の受注が低調、中国市場の低迷やiPhoneの苦戦で
1〜60件を表示します(合計91件) 次のページへ 1 2 次のページへ
株価&企業 ニュース
インフォメーション
4/3 業績予想データ更新のお知らせ
4/2 4月の招福銘柄を更新しました
3/7 業績予想データ更新のお知らせ
3/5 H株指数の名称変更について
3/1 3月の招福銘柄を更新しました
一覧
人気コンテンツ
スクリーニング スクリーニング
スクリーニング 企業検索
ポートフォリオ マイストック
簡単サーチ 業種・テーマ・地域検索
ランキング 配当利回り
取引関連情報
休場情報 決算速報
取引停止銘柄 決算スケジュール
配当スケジュール 中国株Q&A
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
20184
本日の予定を表示
(2018-04-27)
人気コンテンツ
twitter
Trader's Web Fx
コンテンツ
ニュース
レポート