ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、二季報
WEBへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
  
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

その他 > 中国株Q&A
QFIIとは?
 適格海外機関投資家(QFII、Qualified Foreign Institutional Investors)制度は、中国証券監督管理委員会(CSRC)が認めた海外機関投資家に対し、条件付きでA株の取り扱いや売買を可能にする制度です。政府は大量の資本移動で為替レートが不安定になることを恐れ、外資によるA株投資を全面禁止していましたが、2002年11月の新規定でこれを部分開放しました。

 これまでは、A株市場の優良銘柄を購入する道が閉ざされていましたが、同制度によって、海外ファンドのA株購入が可能になりました。購入金額や売却時期に規制はありますが、これはA株の事実上の対外開放です。A株の中には、香港市場に上場していない優良銘柄が数多く存在しますから、その意義は非常に大きいと言えるでしょう。

 また、2006年9月にはQFIIの国内証券投資に関する新規定が施行され、資格条件が大幅に緩和されました。さらには2009年10月、1機関投資家当たりの投資枠を8億米ドルから10億米ドルに引き上げるなど、規制緩和が進められています。投資枠も制度開始当初の100億米ドルから、2013年7月には1500億米ドルまで段階的に引き上げられています。

 なお、2016年9月末時点でQFII資格を取得している海外の金融機関は計304社となっています。

 また、11年8月には、中国の李克強・副首相(当時)が、香港の本土系証券会社を通じて人民元建て中国株投資を認める「RQFII」制度(RMB Qualified Foreign Institutional Investors)を導入する方針を表明。11年12月に複数の証券会社が認可を取得しました。

QFII資格取得済み機関投資家一覧
機関名 機関名
UBS ゴールドマン・サックス
日興アセットマネジメント ABNアムロ
ドイツ銀行 ハンセン銀行
HSBC銀行(香港上海銀行) 第一生命保険
野村証券 住友信託銀行
株価&企業 ニュース
基本編

初級編

取引編