ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、二季報
WEBへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
  
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

その他 > 中国株Q&A
指数には何があるの?−香港市場の指数
■香港ハンセン指数(Hang Seng Index)
香港市場を代表する株価指数。1964年にハンセン銀行(00011)が開発、1969年よりHSIサービシズ社(現ハンセン・インデックシズ社)が公表。1964年7月31日時点の構成銘柄の時価総額合計を100とする。同様に算出された業種別指数(ハンセン金融指数、ハンセン公益指数、ハンセン不動産指数、ハンセン商工業指数など)もある。指数構成銘柄の選定基準は「香港企業であること」とされていたため、構成銘柄はレッドチップを含む香港企業に限定されていた。しかし2006年6月、香港市場におけるH株の影響力拡大を受けて選定基準の見直しが行われた結果、H株銘柄にも採用への道が開かれ、その年の9月にはH株銘柄から中国建設銀行(00939)が初めて構成銘柄入りを果たした。2007年11月の構成銘柄の入れ替えでは、本土系銘柄のウエートが初めて50%を上回った。2017年5月現在、構成銘柄50銘柄中9銘柄をH株が占めている。

■香港H株指数(Hang Seng China Enterprises Index)
香港H株の中から選ばれた銘柄で構成される指数。2000年1月3日を基準値(2000)として算出。2017年5月現在、40銘柄で構成されている。

■香港レッドチップ 指数(Hang Seng China-Affiliated Corp. Index)
香港レッドチップの中から選ばれた銘柄で構成される指数。2000年1月3日を基準値(2000)としている。2017年5月現在、25銘柄で構成されている。

■香港GEM指数(S&P/HKEx GEM)
香港証券取引所と米格付機関スタンダード&プアーズ(S&P)が共同開発した指数。GEM銘柄の主力株で構成され、2003年3月に指数として公開された。毎年3月、6月、9月、12月の第3金曜日に銘柄入れ替えを実施。2017年5月現在、72銘柄で構成されている。
株価&企業 ニュース
基本編

初級編

取引編