ご意見ボックス
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、二季報
WEBへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢をご入力下さい ※半角数字
性別をご選択下さい 男性  女性
  
※ご意見ボックスでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応して

おりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。

その他 > 中国株Q&A
本土と香港市場の特徴
 香港市場と本土市場(上海、深セン)の大きな特徴としては、香港市場が「米国の金利や株式相場の影響を受けやすい」のに対し、本土市場は「中国政府の政策の影響を受けやすい」点が挙げられます。

 香港ドルは米ドルとのペッグ制(香港ドルと米ドルとの為替レートを一定に保つ制度)を採用しています。そのため、米国経済の影響を受けやすく、米国の金融政策や米連邦準備理事会(FRB)議長の発言が、香港市場に影響を与えることもあるのです。香港市場のもう一つの特徴として、「株価のボラティリティ(振れ幅)が大きい」ことがしばしば指摘されています。これは、香港株には値幅制限がないこと、また、指数構成銘柄の中でもウエートに開きがあるため、ウエートの大きな企業の株価に指数が左右されることなどが理由として挙げられます。

 これに対し本土市場は、世界の株式相場の影響を相対的に受けにくい独自マーケットと言われています。国内要因、特に中国政府の政策を反映しやすい市場ですので、一般報道程度の情報収集は最低でも必要です。


香港市場:米国をはじめ各国市場の影響を受けやすい。
本土市場:中国政府の政策の影響を受けやすい。
株価&企業 ニュース
基本編

初級編

取引編